| | | English

在留邦人の皆様へ(核セキュリティ・サミット開催時の交通規制について)


 1.本年3月24日(月)及び25日(火),ハーグで核セキュリティ・サミット(NSS)が開催されます。NSSには50以上の国・国際機関が参加し,首脳レベルを含む代表団長50人以上に加え,代表団5,000人,ジャーナリスト3,000人がハーグを訪れ,オランダにとっても過去最大級の国際会議となる見込です。

 ●NSSホームページ(英語)

 これに伴いサミット会場周辺地域では,22日(土)から25日(火)まで厳しい交通規制が敷かれます。またハーグだけでなく,ロッテルダム,アムステルダム,スキポール空港でも交通規制が行われ,激しい渋滞が予想されています。さらにワッセナー,ライデン,カットワイク,ノールドワイク,ボレンストレイク,ハーレマーメーア周辺でも,道路の封鎖をはじめとして道路状況に影響があるとみられています。
  オランダ建設環境省は,サミット開催中の2日間は,真に必要な場合を除いて該当地域に赴かないよう,可能であれば該当地域への出勤を控えるよう助言しています。

 2.つきましては,在留邦人の皆様におかれましては,上記期間中の外出時の移動にご留意ください。また,詳細はサミット直前及び当日でも変更される可能性がありますので,期間中の外出前には最新情報をご確認ください。

 ●NSSによる交通規制情報(英語)

 ●交通機関に関する最新情報(道路交通情報NSS専用ページ)(オランダ語)

 (1)ハーグ市内(以下引用はハーグ市ホームページ)
 ハーグ市では22日以降,サミット終了までの期間にハーグを訪れる必要がある場合,渋滞や駐車場確保が難しくなることから,公共交通機関を利用するよう呼びかけています。

 ●ハーグ市内の交通規制について(英語)

 詳細は以下のとおりです。

 ア.ワールドフォーラム周辺について
 会場となるワールド・フォーラム周辺では22日から25日まで以下の道路の立ち入りが制限されます。周辺にお住まいの方はご留意ください。

○Johan de Wittlaan
○Eisenhowerlaan
○Stadhouderslaan (一部)
○Scheveningseweg (一部)
○Professor B.M. Teldersweg (マドローダムまで)

 また以下の地区の車での立ち入り駐車が禁止されます。

○Catsheuvel
○Eisenhowerlaan
○Stadhouderslaan
○Johan Willem Frisohof

 ●ハーグ市内規制マップ

 ●ワールドフォーラム周辺について(オランダ語)

 イ.そのほかの注意事項
 (ア)マドローダムへはアクセス可能です。

 (イ)Bezuidenhoutseweg(王宮前)やJavastraatも期間中は一時的に閉鎖されますのでご留意ください。

 (ウ)N14 (Sijtwendetracé) -Landscheidingsweg-Hubertustunnel -Hubertusviaduct間は23日から25日まで双方向が封鎖されます。

 ●N14周辺の規制マップ

 ウ.ハーグ市内の公共交通機関
 開催中,トラムやバスは増便されることになっていますが,トラム1番やバス21番及び24番ではルートの変更が予定されています。ご利用前にHTMのサイトでご確認ください。

 ●HTM

 (2)ハーグ周辺道路(以下引用はNSSのホームページ)
 3月23日16時から24日15時まで,25日13時から26日5時までの時間帯は,ハーグ,スキポール空港周辺は交通規制が敷かれますので,ご留意ください。ラッシュアワーの時間帯には車での移動を避け電車を利用するよう推奨されています。迂回路標識が掲示されることになっていますが,状況に応じて当日でも規制変更の可能性があるとされていますので,ご注意ください。

○A5 Raasdorp (A9)-De Hoek (A4)間で双方向とも封鎖。
○A4 BadhoevedorpからBurgerveen間でハーグ方向車線の制限。またHoofddorp(nr3)出入口,Hoofddorp-Zuid(nr3a)出入口,Nieuw Vennep(nr4)出入口は封鎖
○A44 Burgerveen - Wassenaar間でハーグ方向が封鎖。
○N44 WassenaarからN14ハーグ方向は23日16時から24日15時まで,24日22:00から24:00まで,25日5時から9時まで及び25日13時から26日5時まで封鎖。
○N14 双方向封鎖。

 ●規制マップ(オランダ語)

 ●迂回路マップ(オランダ語)

 

このページのトップに戻る