第32回日本語弁論大会の結果(2019年3月23日)

2019/3/26
2019年12月19日更新
 
 2019年3月23日(土),ライデン大学ハーグキャンパスにおいて,第32回日本語弁論大会が開催されました。

 始めに猪俣大使から各協賛企業・団体に対する賞品提供及び審査協力に対して感謝を述べた上,参加者が自由に設定した様々なテーマの弁論を聞くことを楽しみにしているとの挨拶がありました。

 今回は25名の出場者が100名を超える観客の前で,自身で設定したテーマの発表をしました。
 
 例年同様,本年も,審査員をはじめ観覧に来た方々にとっても,日本語のおもしろさや難しさ,また,他の人と考えを共有する楽しさを感じる機会となりました。
 
               [審査結果]
最優秀賞: アニック・アブスポールさん(Ms. Annick Abspoel)
よさこい高知賞: ブラム・ メインスさん(Mr. Bram Meens)(高知訪問レポート(英語)
優秀賞: カミーユ・レさん(Ms. Camille Lé)
優秀賞: アナスタシア・バドウィナツさん(Ms. Anastasija Badovinac)
特別賞: ロザリン・ホーゲヴェーンさん(Ms. Rosalynn Hoogeveen)
特別賞: カチャ・ホーガースさん(Ms. Katja Hoogers)
奨励賞: イサベラ・ストレムラさん(Ms. Isabella Stremler)