戸籍・国籍に係る届出

2021/10/5

海外で戸籍・国籍に関わる変更が生じた場合には、その事情の発生日より3ヶ月以内に届出を行う必要があります。下記リンク先より、それぞれの届出の必要書類や手続きの方法をご確認ください。

 
届出種類 内容
出生届 子が出生した場合の届出
婚姻届 結婚した(する)場合の届出
離婚届 離婚をした(する)場合の届出
不受理申出 本人の意思に基づかない届出が受理されるのを防ぐための申出
死亡届 亡くなった場合の届出
国籍選択又は喪失届 日本国籍を選択する場合、又は日本国籍を喪失した場合の届出
 

出生届

1. 注意事項
(1)生まれた日を含めて3ヶ月以内(例えば10月23日に生まれた場合は翌年1月22日まで)に届出てください。
 なお、出生により外国の国籍も取得している場合は、この届出期限を過ぎますと出生のときにさかのぼって日本国籍を失います(国籍法12条)ので、日本側への出生届はできません。
(2)届出書類一式は、日本国外務省を通じて本籍地の市区町村役場に送られます。通常、1ヶ月~1ヶ月半後には、お子様の出生の事実が戸籍に記載されますので、記載事項を確認のため戸籍謄(抄)本を取り寄せることをお勧めします。なお、この謄(抄)本は、お子様の日本旅券を申請する際に必要となります。
(3)出生子の両親が婚姻関係にない場合(オランダでの公式パートナーシップ登録を含む)、認知届が必要となる場合があります。条件により必要書類や手続きの方法等が異なりますので、当館領事窓口までご連絡ください。
 
2. 届出書等の入手方法
 届出書、ひな型、記入見本等は下記[記入方法]の項目からダウンロードできます。これらの書類の郵送での入手を希望される方は、返信用封筒(A4サイズ)と切手(NEDERLAND[1])5枚を同封の上、必要事項を記入した戸籍関係届書請求シートを、当館領事窓口宛に郵送してください。到着し次第、ご希望の届出書、記入見本、必要書類一覧を同封して返送いたします。
 
3. 届出の方法
 必要書類をご用意の上、大使館領事窓口にお越しいただくか、郵送で届出てください。必要書類は以下4.記入方法・必要書類にある記入見本をクリックするとご確認いただけます。
 領事窓口にて届出される場合は、記入に時間を要しますので、午前・午後の窓口時間終了の約1時間前までにお越しください。館内に携帯電話のお持ち込みは出来ません。正確な本籍地、病院の住所(病院出産の場合)等、記入に必要な情報は予め控えておいてください。
 郵送にて届出される場合は、必ず書留で送付願います。また、郵送中に紛失するおそれがありますので、旅券の原本は絶対に郵送しないでください。稀に、郵便物が届かない、又は別の場所に配送される場合がありますので、郵便物が無事配達されているかを確認するため、当館領事窓口へ必ずご連絡ください。
 日本の本籍地役場に直接届出を行うこともできますが、必要書類が異なる場合がありますので 、予め本籍地役場に必要書類をご確認ください。
 
4. 記入方法・必要書類(必要書類は、記入見本をクリックするとご確認いただけます)
出生子の両親が婚姻関係にあり、両親のいずれかが外国籍(オランダ国籍を含む)の場合: 記入見本
出生子の両親が婚姻関係にあり、両親がともに日本国籍の場合: 記入見本
出生子の両親が婚姻関係になく、母親が日本国籍、父親が外国籍(オランダ国籍を含む)の場合: 記入見本
※条件により記入内容、必要書類が異なります。上記の条件に該当しない場合は、当館領事窓口までご連絡ください。
 
5. 母子手帳の配布について
 当館領事窓口では、ご希望の方に母子手帳を配布しております。妊娠の証明等は特に必要ございませんので、開館時間内に窓口にお越しください。
 郵送での配布をご希望の場合は、 宛先を記入したA5サイズ以上の大きさの封筒と切手(NEDERLAND[1])4枚を同封の上、母子手帳をご希望の旨を一筆添えて、領事窓口宛に郵送してください。到着し次第、母子手帳を郵送いたします。
 なお、母子手帳のPDF版は、以下の厚生労働省のホームページよりダウンロードが可能です。
子どもと海外へ行く方へ、日本へ戻る方へ(ハーグ条約(国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約)について) 
 

婚姻届

1. 注意事項 
 (1) 外国の方式で婚姻された場合は、婚姻成立の日から3ヶ月以内に届出る必要があります。 
 (2) 婚姻届には、「創設的な婚姻届」と「報告的な婚姻届」の2種類があります。日本の方式での外国籍者との創設的な婚姻届は当館では受理できません(日本国籍者同士は可能です)。よって、外国の方式で婚姻後、報告的に当館へ届出ていただくこととなります。ご不明な点がある場合には、領事窓口にお問い合わせください。
 (3) 届出より1ヶ月から1ヶ月半後に、戸籍に反映されたかどうかを確認するため戸籍謄本を取り寄せることをお勧めします。    
 (4) 日本人同士の婚姻の場合と異なり、外国籍の方との婚姻の届出をするだけでは、外国籍配偶者の氏に変更はされません。ただし、婚姻関係成立の日から6ヶ月以内に限り「外国人との婚姻による氏の変更届
記入見本)」を提出することにより、日本の家庭裁判所の許可を得ることなく外国籍の配偶者と同じ氏に変更をすることができます。婚姻の日から6ヶ月を経過している場合や、複合姓(例:田中ヤンセン)に変更を希望する場合には、日本の家庭裁判所での手続きが必要となりますのでご注意ください。
 
2. 届出書等の入手方法 
 届出書、ひな型、記入見本等は下記[記入方法]の項目からダウンロードできます。これらの書類の郵送での入手を希望される方は、返信用封筒(A4サイズ)と切手(NEDERLAND[1])5枚を同封の上、必要事項を記入した戸籍関係届書請求シートを、当館領事窓口宛に郵送してください。到着し次第、ご希望の届出書、記入見本、必要書類一覧を同封して返送いたします。 
   
3. 届出の方法 
 必要書類をご用意の上、大使館領事窓口にお越しいただくか、郵送で届出てください。必要書類は以下4.記入方法・必要書類にある記入見本をクリックするとご確認いただけます。
 領事窓口にて届出される場合は、記入に時間を要しますので、午前・午後の窓口時間終了の約1時間前までにお越しください。館内に携帯電話のお持ち込みは出来ません。正確な本籍地等、記入に必要な情報は予め控えておいてください。
 郵送にて届出される場合は、必ず書留で送付願います。また、郵送中に紛失するおそれがありますので、旅券の原本は絶対に郵送しないでください。稀に、郵便物が届かない、又は別の場所に配送される場合がありますので、郵便物が無事配達されているかを確認するため、当館領事窓口へ必ずご連絡ください。
 日本の本籍地役場に直接届出をすることもできますが、必要書類が異なる場合がありますので 、予め本籍地役場に必要書類をご確認ください。 

   

4. 記入方法・必要書類(必要書類は、記入見本をクリックするとご確認いただけます) 
 ●日本人同士の日本の方式による婚姻の場合:記入見本
 ●日本人同士のオランダの方式による婚姻の場合:記入見本
 ●日本人と外国籍者のオランダの方式による婚姻の場合:記入見本
      
  ※条件により記入内容、必要書類が異なります。上記の条件に該当しない場合は、当館領事窓口までご連絡ください。
 

離婚届

1. 注意事項
(1)外国の方式で離婚された場合は、離婚成立の日から3ヶ月以内に届出る必要があります。
(2)届出より1ヶ月から1ヶ月半後に、戸籍に反映されたかどうかを確認するため戸籍謄本を取り寄せることをお勧めします。
 
2. 届出書等の入手方法
 届出書、ひな型、記入見本等は下記[必要書類]の項目からダウンロードできます。これらの書類の郵送での入手を希望される方は、返信用封筒(A4サイズ)と切手(NEDERLAND[1])5枚を同封の上、必要事項を記入した戸籍関係届書請求シートを、当館領事窓口宛に郵送してください。到着し次第、ご希望の届出書、記入見本、必要書類一覧を同封して返送いたします。
 
3. 届出の方法
 必要書類をご用意の上、当館領事窓口にお越しいただくか、郵送で届出てください。
 領事窓口にて届出される場合は、記入に時間を要しますので、午前・午後の窓口時間終了の約1時間前までにお越しください。館内に携帯電話のお持ち込みは出来ません。正確な本籍地等、記入に必要な情報は予め控えておいてください。
 郵送にて届出される場合は、必ず書留で送付願います。また、郵送中に紛失するおそれがありますので、旅券の原本は絶対に郵送しないでください。稀に、郵便物が届かない、又は別の場所に配送される場合がありますので、郵便物が無事配達されているかを確認するため、当館領事窓口へ必ずご連絡ください。
 なお、送付いただいた判決謄本原本を、当館より返送する書留料金は届出人の自己負担となります。この詳細については、別途連絡をいたしますので、届出の際には、電話番号・Eメールアドレスをお忘れなく明記ください。 
 日本の本籍地役場に直接届出を行うこともできますが、必要書類が異なる場合がありますので、予め本籍地役場に必要書類をご確認ください。
 
4. 必要書類
(1)日本人同士の日本の方式による協議離婚の場合
 (a)離婚届出書 2通  記入見本
 届出書は当館領事窓口にございますが、こちらからダウンロードできます。署名以外の部分は、パソコン等により入力・印刷したものでも受付可能ですが、印刷は必ずA3用紙にしてください。ご自身でA3用紙に印刷できない場合は、郵送で届出用紙を請求してください(上記「届出書等の入手方法」参照)。
 (注)日本の方式による協議離婚の場合は、証人として成人2人(国籍は問いません)の離婚届出書への署名と捺印(外国籍者は署名のみとなりますが、署名の下部に、氏・名の順で、カタカナにて氏名を明記する必要があります。)が必要となります。オランダの方式により離婚した場合には不要です。
 (注)印鑑がない場合は、拇印(右手の親指)を押してください。
 (b)戸籍謄本 1通
 (c)双方の旅券(郵送の場合は写し1通)
 (注)婚姻前の氏にもどる者が、婚姻中の本籍地の市区町村と異なる市区町村に新しい戸籍を設ける場合、届出書及びその他提出書類の通数は記載の通数にさらに1部加えた通数が必要です。なお、その場合でも、戸籍謄本については、原本1通で差し支えありません。

 
(2)日本人同士のオランダ方式による裁判離婚の場合(オランダ方式の離婚は必ず裁判離婚になります。)
 (a)離婚届出書 2通  記入見本
 届出書は当館領事窓口にございますが、こちらからダウンロードできます。署名以外の部分は、パソコン等により入力・印刷したものでも受付可能ですが、印刷は必ずA3用紙にしてください。ご自身でA3用紙に印刷できない場合は、郵送で届出用紙を請求してください(上記「届出書等の入手方法」参照)。
 (注)印鑑がない場合は、拇印(右手の親指)を押してください。
 (b)戸籍謄本 1通
 (c)判決謄本(原本)又は原本確認認証印付の判決謄本 1通
  ※夫婦間に未成年の子がいる場合、親権に関する決定を確認する文書として、「Ouderschapsplan」(原本)の提出が必要となる場合があります。
 (d)(c)の抜粋和訳文(パソコン等により入力・印刷したものでも受付可能です) 2通
  判決謄本の内容に合わせたひな型がありますので、詳しくは領事窓口までお問い合わせください。翻訳をする方はどなたでも差し支えありませんが、和訳文には必ず翻訳者氏名を明記してください。
 (e)確認書 2通 当館領事窓口にございますが、こちらからダウンロードできます。
 (f)市役所発行のインターナショナル版の婚姻登録抄本 原本(備考欄に離婚成立年月日が記入されているもの)又は離婚証明書 原本 1通
 (g)(f)の和訳文(パソコン等により入力・印刷したものでも受付可能です) 2通 ひな型記入見本(インターナショナル版の婚姻登録抄本用)
 (注)インターナショナル版の婚姻登録抄本ではなく、離婚証明書を取得した場合は、上記ひな型は使用しないでください。離婚証明書をご使用の場合は、内容に合わせたひな型がありますので、詳しくは領事窓口までお問い合わせください。
 (注)翻訳をする方はどなたでも差し支えありませんが、和訳文には必ず翻訳者氏名を明記してください。
 (h)双方の旅券(郵送の場合は写し1通)
 (注)婚姻前の氏にもどる者が、婚姻中の本籍地の市区町村と異なる市区町村に新しい戸籍を設ける場合、届出書及びその他提出書類の通数は記載の通数にさらに1部加えた通数が必要です。なお、その場合でも、(b)、(c)および(f)については、原本1通で差し支えありません。
 
(3)日本人と外国籍者のオランダ方式による裁判離婚の場合(オランダ方式の離婚は必ず裁判離婚になります。)
 (a)離婚届出書 2通  記入見本
  届出書は当館領事窓口にございますが、こちらからダウンロードできます。署名以外の部分は、パソコン等により入力・印刷したものでも受付可能ですが、印刷は必ずA3用紙にしてください。ご自身でA3用紙に印刷できない場合は、郵送で届出用紙を請求してください(上記「届出書等の入手方法」参照)。
 (注)印鑑がない場合は、拇印(右手の親指)を押してください。
 (b)戸籍謄本 1通
 (c)判決謄本(原本)又は原本確認認証印付の判決謄本 1通
  夫婦間に未成年の子がいる場合、親権に関する決定を確認する文書として、「Ouderschapsplan」(原本)の提出が必要となる場合があります。
 (d)(c)の抜粋和訳文(パソコン等により入力・印刷したものでも受付可能です) 2通
 (注)判決謄本の内容に合わせたひな型がありますので、詳しくは領事窓口までお問い合わせください。
 (注)翻訳をする方はどなたでも差し支えありませんが、和訳文には必ず翻訳者氏名を明記してください。
 (e)確認書 2通 当館領事窓口に用紙がございますが、こちらからダウンロードできます。
 (f)市役所発行のインターナショナル版の婚姻登録抄本 原本(備考欄に離婚成立年月日が記入されているもの)又は離婚証明書 原本 1通
 (g)(f)の和訳文(パソコン等により入力・印刷したものでも受付可能です) 2通 
ひな型記入見本(インターナショナル版の婚姻登録抄本用)
 (注)インターナショナル版の婚姻登録抄本ではなく、離婚証明書を取得した場合は、上記ひな型は使用しないでください。離婚証明書をご使用の場合は、内容に合わせたひな型がありますので、詳しくは当館領事窓口までお問い合わせください。
 (注)翻訳をする方はどなたでも差し支えありませんが、和訳文には必ず翻訳者氏名を明記してください。
 (h)双方の旅券(郵送の場合は写し1通)
 

不受理申出制度について

 届出によって効力を生ずる婚姻、離婚、養子縁組、養子離縁、認知という手続きは、本人の意志に基づかない不正な届出、例えば、署名を偽造した結婚届、離婚届等が本人の全く知らないうちに提出されることによってもその効力を持ってしまう、という問題があります。そのため、こうした事態の発生を防止するため不受理申出制度が設けられています。この不受理申出制度は、本人の知らないうちに、あるいは、本人の意志に反して結婚/離婚していた等の被害を未然に防ぐための制度です。
 不受理申出の詳細については、こちらをご覧ください。
 

死亡届

1. 注意事項
 (1)在外公館での届出の場合、届出書類の日本への送付に日数を要するため、市区町村の埋葬許可を早期に取得することが必要な場合は、日本の本籍地役場で直接届出ることをお勧めします。
 日本の本籍地役場に直接届出をする場合は、予め本籍地役場に必要書類をご確認ください。
 (2)外国籍者である配偶者が死亡した場合にも届出が必要になります。詳細につきましては、当館領事窓口までお問い合わせください。
 
2. 届出書等の入手方法
 届出書、ひな型、記入見本等は下記[必要書類]の項目からダウンロードできます。これらの書類の郵送での入手を希望される方は、返信用封筒(A4サイズ)と切手(NEDERLAND[1])5枚を同封の上、必要事項を記入した戸籍関係届書請求シートを、当館領事窓口宛に郵送してください。到着し次第、ご希望の届出書、記入見本、必要書類一覧を同封して返送いたします。
 
3. 届出の方法
 必要書類をご用意の上、当館領事窓口にお越しください。届出には時間を要しますので、午前・午後の窓口時間終了の約1時間前までにお越しください。館内に携帯電話のお持ち込みは出来ません。正確な本籍地等、記入に必要な情報は予め控えておいてください。
 
4. 必要書類

 (1)死亡届出書(当館領事窓口にございます) 2通
 届出書は当館領事窓口にございますが、こちらからダウンロードできます。署名以外は、パソコン等により入力・印刷したものでも受付可能です。A3の届出用紙の左半分を、実寸(縮小なし)でA4用紙に印刷されたものはお使いいただけますが、届出用紙全体を縮小してA4用紙に印刷されたものは受理できませんのでご注意ください。
 (注)印鑑がない場合は、拇印(右手の親指)を押してください。
 (2)亡くなられた方の日本旅券(失効手続きをした上でお返しします)
 (3)オランダ市役所発行のオランダ語版死亡証明書 原本1通
 (4)(3)の和訳文 2通 ひな型記入見本
 オランダ市役所発行の死亡証明書の記載内容と和訳文の内容が合致している必要がありますので、和訳文のひな型と異なる死亡証明書をもって届出る場合には、当該死亡証明書の内容に合わせ、和訳文のひな型を修正の上、ご利用ください。 
 パソコン等により入力・印刷したものでも受付可能です。翻訳をする方はどなたでも差し支えありませんが、和訳文には必ず翻訳者氏名を明記してください。
 

国籍選択又は喪失届

1. 概略の説明はこちら

2. 注意事項
 こちらをご覧ください。

3. 届出方法および必要書類
 当館領事窓口までご連絡ください。